熱き技術者、本田宗一郎!ホンダ創業者の素顔とは

日本を代表する自動車メーカー、ホンダ。その創業者である本田宗一郎は失敗にも決して挫けず、揺るぎない信念を持って新しい技術の開発に心を燃やす経営者でした。
昭和46年という、戦後間もない貧しい日本で産声を上げた本田技術研究所(当時の社名)を一流企業にまで育て上げた本田宗一郎とは、どのような人物だったのでしょうか。

略歴・功績

本田宗一郎は1906年11月17日、鍛冶職人であった父と機織りの名手であった母の下に長男として生まれました。
父親は鍛冶屋のかたわら自転車の中古修理を請け負い、宗一郎は幼い頃から「モノづくりの技術」を自分の目で見て、肌で感じられる環境で育ったといえます。
高等小学校を卒業後、東京・湯島にある自動車修理工場「アート商会」に入社し、本格的に技術者としての道を歩み始めます。
アート商会では早いうちからその非凡な才能が社長の目に留まり、6年後にはのれん分けという形でアート商会から独立し地元静岡の浜松市で独立開業しました。
自身の修理工場を経営するかたわら自動車レースに自作のターボチャージャーをつけたフォードで参戦するなど、新しい技術に対するチャレンジ精神は生涯にわたって宗一郎の「モノづくり」への情熱を動かし続けました。
そして第二次世界大戦終了後、後の本田技研工業の前身となる本田技術研究所を浜松に設立したのです。

エピソード

そんな熱い魂を持った本田宗一郎のことを、苦楽を共にした従業員は「オヤジさん」と呼んでいました。
従業員からも愛された“オヤジさん”ですが、同時に恐れられてもいました。自身も技術者として開発に携わっていたときには作業中に怒声と共に灰皿が飛ぶということも珍しくなかったそうです。
しかし宗一郎自身が誰よりも従業員を、そして技術を愛していたというエピソードがあります。

退陣後は全国行脚

社長職を退いた後、宗一郎は自らの希望で全国のホンダの営業所、工場へお礼参りを行いました。外国も含め1年半で全て回りきったのですが、経営者となったあとでもホンダの根幹を支える“技術”に敬意を払っていたのでしょう。
そしてある工場で整備担当者に握手を求めたところ、その整備担当者は自分の手が油で真っ黒になっていることに気付き慌てて洗おうとします。
しかし宗一郎は自らも技術者であったことから「いいんだよ」と言って涙ながらに油まみれの手での握手に応じたそうです。

正装はツナギ

1981年、宗一郎はその功績が認められ勲一等瑞宝章を受章することになりました。そして皇居での親授式に出席するとなったとき、「技術者の正装はツナギ(作業服)」だと言って周りの反対にも耳を貸さず作業服で出席しようとしました。
最終的には社員が持参していた燕尾服を着て出席したのですが、技術者としての誇りが宗一郎にそのようなことを言わしめたのかもしれません。

名言

技術者として、経営者として長きにわたってホンダを牽引し続けた本田宗一郎は、その熱い思いや信念を示すような数々の名言を遺しています。

「人間が進歩するためには、まず第一歩を踏み出すことである」

宗一郎は「我々は勝負師ではない」と言います。一度の失敗が負けではなく、失敗の原因を追求しそこから学ぶことに意義があると信じていました。
躊躇して一歩を踏み出さなければそこにどのような障害があるのかもわからず、ただ漠然と恐怖を抱えたまま前にも後ろにも進めなくなることを何よりも恐れたのでしょう。

「企業で一番怖いのは社長の無知です」

世の中はめまぐるしく移り変わり、自分の持っている知識だけでは対応しきれない困難にぶつかることがあるかもしれない、宗一郎はそれを自覚していました。
「世の中で一番素晴らしいものは若者のエネルギーだ」という発言をしたこともあり、常に新しいものから学ぶ姿勢を崩しませんでした。

「自分が幸福になるように働け」

宗一郎は常々従業員にこの言葉をかけていたそうです。会社のため、などという建前でなく自分に正直に、本音で仕事に取り組むことで“働く”ということに意義が生まれると考えていたのでしょう。
会社があって従業員があるのではなく、働いてくれる人がいてこその会社だということを伝えたかったのかもしれません。

オススメの本の紹介

『俺の考え』新潮社
http://www.shinchosha.co.jp/book/146111/

揺るぎない信念と情熱でホンダを一流企業にまで育て上げた本田宗一郎の、その考え方や価値観を記した本があります。
1996年に新潮社より出版された『俺の考え』(本田宗一郎著)です。自身の「モノづくり」への思い、仕事の取り組み方など天才技術者・本田宗一郎の生の声を読むことができます。