ダンケネディのノウハウってどう?評判が知りたい!

これまでにないタイプのビジネス理論が注目され、多くのベストセラーを飛ばしているマーケティングコンサルタント、ダンケネディ。

ここ日本でも、ビジネスマンを中心に多大な支持を集めています。

しかし実際のところ、その評判はどうなのでしょうか?

今回は、ダンケネディに対する肯定的な意見と否定的な意見の両方を紹介し、そのビジネス理論がどのような反響を巻き起こしているのかを説明します。

☆ポジティブ意見は、たくさんの成功を生み出すノウハウが学べる!

ダンケネディのビジネス理論には、おおむね世界中から称賛の意見が寄せられています。

その理由は、ダンケネディが提唱しているビジネス理論は、絵空事の理想でも、精神論でもなく、ビジネスマンなら誰もがすぐに実践できるノウハウをわかりやすく説明してくれているからです。

そして、ダンケネディのコンサルタントとしての経験に基づく成功体験を知ることができます。

ダンケネディのビジネス理論の中心にあるのは「行動力」です。

これまでのビジネス書では、立派な理論や精神性を説いてはみても、実際に行動に移すときの具体的な心がけについては内容が薄いものが多かったのに対して、ダンケネディはビジネスの現場では理屈よりも行動がものをいうのだと提唱しています。

ふだん地道に仕事を続けているビジネスマンはこうしたダンケネディの意見に共感し、その理論を素直に行動に移すことができているのでしょう。

単なる評論家の目線ではなく、現場を知っているからこそ、ダンケネディは本当にビジネスマンにとって大切なものを見抜くことができたのです。

☆ネガティブ意見は、偉そうなのが気になる!本当にビジネスで通用する?

一方で、ダンケネディのビジネス理論にはネガティブな意見も寄せられています。

まず、上から目線が気になる、という意見です。

ダンケネディの言い回しは率直かつ、既存のビジネス理論への不信感が露になっているため、多くの読者は衝撃を受けることでしょう。

もしもダンケネディ以外のビジネス書を愛読してきた人なら、攻撃的にすら思えるその文章に不快感を抱くこともありえます。

また、コンサルタントというダンケネディの肩書きから、理屈を述べるだけで実践力が疑わしいと思う人もいるでしょう。

しかし、ダンケネディのノウハウは、既存のビジネス理論が立派な物言いをしている割には、具体的な成功への道筋を示していないことへの反動から成り立っています。

その歯に衣着せぬ物言いも、耳障りのいい言葉で読者を騙すのではなく、本音で語っている証拠なのです。

また、ダンケネディはコンサルタントとして多くの企業、実業家を成功に導いており、その理論は実証されているといえます。

☆経営者なら嘘のないダンケネディのマーケティング術を学んで損はない

多くのビジネス書は、読む人にとって利益があるものではなく、書いた人にとって利益があるだけの代物です。

たいていのビジネス書は一般論を成功者のエピソードをまじえて語ることで、なんとなく理論が正しいように見せかけているだけに過ぎないのです。

そういった本の多くが、やわらかく丁寧な文章で書かれています。

ダンケネディは、はっきりとした成功へのノウハウを手にしているからこそ、言葉に迷いがありません。

ダンケネディの言葉に嘘はなく、常識にとらわれずに読む人の胸を打ちます。

根拠のないポジティブシンキングを否定し、ネガティブに考える経営理論の有効性を認めるなどの考えは、そうしたダンケネディの一面を表していると言えます。

嘘のないダンケネディの言葉は、実際に会社を経営している人間なら実感として理解できるはずです。

一度、目を通してみても損はないでしょう。