今だから読みたい!ダンケネディの「億万長者の不況に強いビジネス戦略」

世界中で支持されているマーケティングコンサルタント、ダンケネディの著書「億万長者の不況に強いビジネス戦略」。

本書は、ダンケネディの数多い著書の中でも特に内容への反響が大きかった一冊です。

一体どんなことが書かれているのでしょうか?簡単にまとめてみたうえで、ダンケネディが提唱するきびしく現実的なビジネス理論を紹介します。

☆ほかの本には一切書いていない真実の経営ノウハウ、その概要

億万長者の不況に強いビジネス戦略」は発表されると、その内容について賛否がうずまきました。

しかし、現在ではおおむね肯定的な意見があふれています。

どうして物議をかもしたのかというと、その内容は過激といえるほど率直で、容赦が一切無い言葉にあふれていたからです。

多くのビジネス書が「あなたならできるはず」とポジティブさを売りにしているのとは真逆です。

では、どんなことが具体的に書かれているのでしょうか。

本書のキーワードは「マインドセット(心構え)」です。

マインドセットさえしっかりと保たれていれば、不況や一時的なトラブルなどの逆境に負けることなく、経営者は成功を収められると説いています。

クリエイティブな思考や、理想論は重要視されておらず、例えば、新しいものを発明しなくても既存のいいものを合法的に手に入れることができれば成功する、などの現実的な理論が紹介されています。

多くの読者にとって、目からうろこが落ちることでしょう。

☆成功するには友人を変えるべき…?成功には「人」が重要!

億万長者の不況に強いビジネス戦略」で書かれているこうした理論の中でも、特に衝撃的で反感すら買った一節が「友人を変えろ」という文章です。

なぜ、交友関係がビジネスでの成功と関係があるのでしょうか。

ダンケネディは、経営における全てのプロセスは「人」に関係していると説きます。

なぜなら、経営とは理想の筋道を立てれば勝手に突き進めるわけではなく、現場にいる人間の作業の積み重ねによって、成功へと辿り着くものだからです。

そして、その根幹になるアイディアや戦略を立てるのもまた、「人」です。

ですから、周囲にどんな人間がいて、どんな刺激を受けて生きているかはとても重要なファクターになります。

もしも経営者にとって刺激がなく、退屈な人間と「過ごしやすいから」という理由で付き合っていたらどうなるでしょうか。

新しい刺激を与えられることもなく、むしろ、自分自身の時間が搾取されるだけで、マイナスな時間になってしまうことでしょう。

常に経営に新しい風を吹かせ、成長を目指すためには無益な人間関係を刷新するべきだとダンケネディは説いているのです。

☆現実的な成功方法を知りたい経営者には読んでほしい本!

こうしたダンケネディのビジネス戦略に共通しているのは、徹底したリアリズムです。

ダンケネディは耳障りのいい言葉で読者の気分をよくするような、誤魔化しは行いません。

それゆえ、その言葉を不愉快に感じる人も多いでしょう。

しかし、それでもダンケネディがこれだけ世界中から支持を集めているのは、そのビジネス理論が現実的かつ、実践的なノウハウに満ちているからです。

特に、世界的な経済不況が続いている現代、必要とされているのは絵空事の理想論ではなく、成功するためにどうすればいいのかという具体的な道しるべです。

ダンケネディは多くの企業を成功に導いてきた実績から、その道しるべを経営者に示すことができる数少ない存在です。

漠然とした理想を追い求めるのではなく、経済の波を乗り切るための現実的な戦いに挑む経営者の方であれば、ダンケネディの言葉が強く響いてくることでしょう。

現実的な成功方法を知りたい経営者にこそおすすめしたい一冊になります。