出世はイエスマンが有利?イエスマンは出世後に苦労しやすい?

会社の中にはさまざまなタイプの社員がいますが、中でもイエスマンといえば上司の指示に「イエス」しか言わない従順な部下をイメージする人が多いでしょう。

しかし、イエスマンにもいろいろな形があります。

出世できるのはどんなイエスマンなのかについてご紹介します。

☆上司への従順なイエスマンほど出世が早いのは本当?

上司に従順なイエスマンは出世が早いのでしょうか。

これは半分正しいですが、半分は間違っているといえます。

常に上司の意見や指示に対してノーとばかり言っている人は出世に苦労しそうです。

そういった意味では、上司はイエスマンの方が使いやすいですし、プラスの評価をする可能性も高くなるでしょう。

一方、自らの頭で考えることなく、上司のご機嫌取りだけが上手なイエスマンは出世が早いかといえばそうでもありません。

テレビドラマなどでは、こういったイエスマンをひいきして昇進させていくストーリーを見ることがありますが、現実の会社の中ではえこひいきをする上司を見つけることは難しいでしょう。

出世できるイエスマンは、上司の伝えようとすることを理解する努力を怠らず、まずは上司の狙い通りに動いてみようという素直さが特徴であるイエスマンであることが多いようです。

素直に上司の言うことを受け入れることによって、上司の人材育成方法に沿って確実な成長が望めます。

成長が早ければ仕事の成果も出せるようになり、評価がアップします。

その結果、出世も早くなるというわけです。

☆イエスマンで出世しても内に秘める信念がなくてはダメ!

上司の指示を素直に受け入れるタイプのイエスマンであれば、早く確実に成長して仕事ができるようになり、必ず出世につながるのかというとそうではありません。

上司にはイエスと返事をして指示を受け入れたとしても、自分の頭でさまざまなことを考える人でなければ、上司から評価されて出世する人になるのは難しいでしょう。

上司の指示に対して「会社の大方針に沿った的確な指示か」「法令に触れるリスクはないか」「顧客のこと第一に考えた指示になっているか」などについて、自分なりに考えることが必要です。

そういったことを自分の中で自問自答しているうちに、上司の本当の意図に気付くこともあります。

また、自分で考えることを継続していくと、自分なりの信念や価値観が育ってきます。

その人なりの信念や価値観が育つということはその人の成長の証でもあり、仕事力が上がることにもつながるでしょう。

表面上は同じイエスマンに見えても、内に秘める信念や価値観が育っているかどうかで出世できるかどうかは変わってきます。

☆単なるイエスマンではダメ!上司の意図を汲み取れるイエスマンになろう!

上司から見たときに、何を言ってもイエスという部下と自分が間違った指示をした場合だけはノーと言ってくれる部下ではどちらが優秀だと感じるでしょうか。

もちろん、間違った場合にノーと言ってくれる部下です。

まともな上司であれば、そういった人材が貴重であることは十分理解しているはずです。

もちろん、ノーと言うときには、言い方については上司が傷つかないように伝える配慮が必要です。

しかし、ノーといえるイエスマンになるのはなかなか大変です。

そこでおすすめしたいのが、上司が間違った指示をする前にさりげなく正しい方向へ誘導できる部下になることです。

これができるようになれば出世できるイエスマンになれるはずです。

ポイントは、上司の意図をくみ取れる人材になるということでしょう。

イエスマンを目指すことによって出世に近づくことはできますが、どんなタイプのイエスマンを目指すかによって出世できるかどうかの結果は変わってくることを十分理解しておくことが大切です。