出世する人は何が違う?昇進しやすい人の特徴まとめ

会社員として出世する人もいれば、出世できない人もいます。

出世できる人は他の人と何が違うのでしょう。

出世できる人は、頭の回転が良い、NOがしっかり言える、信念があり情熱もあるといった3つの特徴があります。

この3つの特徴について詳しくお伝えします。

☆効率を考えて仕事に取り組める頭のキレ

出世できる人の1つ目の特徴は、効率的に仕事を進められる頭のキレがあることです。

時には要領のよい人だと見えることもありますが、センスだけで要領よく仕事が進められるわけではないでしょう。

周りの状況をよく観察し、自分の能力や得意分野を把握した上で仕事の段取りを組める頭の回転の良さが求められます。

この種の頭のキレは、日頃の訓練と経験で得ることが可能です。

天才的な経営者のような才能はなくても、努力を積み重ねることで身につけることが可能なのです。

効率よく仕事を進められる頭のキレを手に入れるためには、実際にそういった仕事の進め方をしている人の技を盗むことが近道です。

日頃からそのつもりで周りの人を観察し、よい所を真似る努力を続けていくことで、頭の回転が良くなるはずです。

もちろん、経験も大切です。

自分なりに工夫した仕事の進め方が上手くいかなかった時は、冷静に原因分析をすることが大切です。

それを繰り返すことによって頭の回転が良いと思われるような仕事の進め方ができるようになるでしょう。

☆時には『NO!』と言えるYESマン

出世できる人の特徴の2つ目は、NOと言えることです。

会社の中では、基本的には上司の指示に従うことになります。

いちいち文句を言っているようでは信頼関係を築くことはできないので、YESマンとして仕事をするのが一般的です。

しかし、時には会社の方針や上司の指示が経営にとってマイナスだと感じることもあるでしょう。

特に、法令違反にあたるような方針や指示の場合は勇気を持ってNOということも必要です。

指示をする側が気付いていないケースもありますので、必要に応じNOと言うことは大切なのです。

YESとNOの判断のポイントは、「会社にとってプラスになるか」「社会から受け入れられるか」「顧客第一に反していないか」などがあげられます。

NOと言うことが必要だからといって、自分がやりたくないという理由でNOと言うのは単なるわがままでしかありません。

自分なりに善悪の判断、会社や顧客の利益に関する判断をした上でNOという言葉を使うことが重要です。

その判断がひとりよがりなものでなければ会社から認められることにつながるはずです。

☆ブレない気持ちと仕事への想いが出世を近づける!

出世する人の特徴の3つ目は、ブレない気持ちと仕事への情熱があることです。

仕事をするにあたっては、困難が伴うことが多いです。

この困難が大きければ大きいほど、それを乗り換えることによる成果は大きなものになります。

出世する人は、その困難の乗り越える方法を知っています。

それが、ブレない気持ちと情熱を持つことです。

ブレない気持ちはあきらめずに仕事を継続する原動力になります。

また、情熱は結果を出すために必要な工夫を生み出します。

出世できない人は困難を乗り越えられない理由を見つけてあきらめることが多いですが、出世できる人は目標を達成するための方法を考え出す点が違うのです。

では、ブレない気持ちと仕事に対する情熱を持つにはどうしたらいいのでしょうか。

方法は、仕事が完成したときの状態をイメージすることです。

この仕事ができたら顧客にこんなメリットがある、売上に貢献できるといった未来のイメージを持つことによって、ブレないで仕事ができるようになります。

出世する人の3つの特徴を理解して実践していくことで出世できる人になれるでしょう。