出世は順番で段階的に?出世すると仕事内容はどうなるの?

会社の中で出世していくと役職の呼び名が変わっていきます。

役職の名前や順序は会社によって多少違いますが、一般的な出世の順番と仕事内容などについてご紹介します。

☆目指すは『島耕作』?平社員から社長まで役職の順番はどうなってるの?

平社員からスタートして組織のピラミッドを登って出世していくと役職の名前が変わり、部下の数も増えていきます。

まず、班長は現場の実働部隊である少人数グループのリーダーといった位置づけです。

自らも作業者として働きながらリーダー役もこなします。

その次は係長です。

係長になると、部下の評価や予算管理、他部門との調整など管理職の仕事が増加しますが、担当業務も持っていることが一般的です。

さらに、出世すると課長になります。会社組織の中で課は経営の最小単位として扱われていることが多く、管理職としての能力だけではなく、経営者としての能力を問われるようになります。

そして、部長になります。

部は会社の中の基本となる経営単位です。

部単位での採算や収支によって部長の評価が決まる場合もあり、より経営者としての能力が問われるようになります。

その上は、いよいよ取締役です。

ここからは雇われる側ではなく、雇う側に変わり責任の重さがぐっと増します。

取締役の出世の順番は、平取締役、常務取締役、専務取締役、そして社長です。

☆ちゃんと仕事してるの?役員以上のお偉いさんの仕事内容は?

取締役以上の人を役員といいます。

役員の仕事は、その下の部長までの仕事とは大きく異なります。

役員は、株主から経営を委託された人という位置づけになりますので、経営責任を問われるようになります。

そのため、役員の仕事の1つは体外的に責任を取ることだといえます。

また、自らが作業者、行動者として仕事をするのではなく、マネージャーに徹することが役員の仕事の原則です。

現場に入り込みすぎるとチェックできなくなるため、日常業務を持たないのが基本です。

結果として、役員は現場があげてきたことに対して可、不可の決裁をすることが仕事になります。

さらに、目先の対応をするのではなく、経営者として将来の会社の成長のために手を打つことも重要な仕事になります。

時には、他社の代表者と接触して提携の話を進めたり、異業種との連携を模索したりすることもあります。

役員以外の社員から見るとサボっているように見えるかもしれませんが、役員の仕事は社員が仕事だと考えている「作業」はほとんどないと考えるとよいでしょう。その分、成果が出なければ厳しい評価を受けることになります。

☆成果主義の企業なら階級飛ばしで出世することも!

大きな企業の場合は、出世の階段は一歩一歩登っていくのが一般的です。

いきなり階級を飛ばして班長が部長になることはほとんどないでしょう。

階級飛ばしをしたいと会社が考えた場合であっても、係長を3カ月やらせ、課長を3カ月やらせてから、部長にするというような形をとり、階級飛ばしの前例を作らないようにするのが一般的です。

どうしてもある部署のトップを入れ替えてテコ入れしなければいけないという場合は、外部からヘッドハンティングすることが多くなります。

一方、中小企業や新興企業の場合は、簡単にヘッドハンティングを実現することは難しいため、優秀な内部の人材を活かせるだけ活かす必要があります。

そのため、比較的階級を飛ばした出世が実現しやすい環境にあります。

もちろん、階級飛ばしをして上司になった人は部下から信頼されなければ仕事ができないので、実力が備わっていることが大切です。

また、部下は年上の人ばかりという状態になることも珍しくないでしょう。

そのため、階級を飛ばして出世できる人は、コミュニケーション能力や人間性もそのポジションに見合ったものが求められるでしょう。