出世しやすい条件は3つのキーワードが超重要!

会社の同期で出世を比較すると、早い人もいれば遅い人もいるはずです。

また、会社全体を見渡すと出世する人としない人に分かれていることもわかります。

出世するタイプの人は、3つのキーワードで特徴を表すことができます。

その3つのキーワードとは、『気遣い』『コミュニケーション能力』『人望の厚さ』です。

☆自然に出る周囲へのちょっとした『気遣い』

出世する人の条件の1つ目のキーワードは、自然に出る周囲の人への『気遣い』です。

入社したばかりの頃は自分の仕事に手一杯なことが多く、中堅社員になれば仕事の量が増えてきて、他の人にまで気を回す余裕はないことの方が一般的です。

さらに、管理職のポジションになれば、会社の上層部の判断と現場の実態との板挟みで自分の責任を果たすだけでくたくたになってしまうでしょう。

しかし、そのような中でも周囲への気遣いができる人は出世できる可能性が高いです。

会社は組織で仕事をするところです。

そのため、周りの同僚などと協力して仕事を進めていかなければ大きな成果をあげることは難しいものです。

周りと協力して仕事をするにあたっては、気遣いは大切なポイントとなります。

気遣いができる人は、人間性を認められ自然な形でリーダーに押し上げられていくことになることが多く、結果的に出世することになるのです。

もちろん、自分の仕事はきっちりやる必要はあります。自分の役割を果たした上での周りへの気遣いであることが前提です。

☆部署をまたいで連携する『コミュニケーション能力』

出世する人の条件の2つ目のキーワードは、部署をまたいで連携するときに発揮される『コミュニケーション能力』です。

会社の組織が大きくなればなるほど、大きな成果を出すためには複数の部署が上手く連携することが大切になります。

しかし、縦割り組織の弊害などが原因でその連携が上手くいかないケースもあります。

そんな時に、コミュニケーション能力を活かして複数の部署間の連携を上手くとれる人は、出世する候補となっていくでしょう。

出世すればするほど、複数の部署にまたがる問題を調整し、連携して仕事を進めていく必要性が高まります。

昇進を決めるにあたっては、そういった調整能力も大きな評価要素になるのは自然なことです。

単に自分の立場や正当性を主張するだけでは考え方や目的が違う他部署を動かすことは難しいはずです。

複数部署の連携を成功させるためには、違った考え方を持つ他部署と共通の目標を見つけて仕事を進めていくコミュニケーション能力が求められます。

その能力を持っている人が出世街道を進んでいくことになるでしょう。

☆人気取りをしなくても部下が寄ってくる『人望の厚さ』

出世する人の条件の3つ目のキーワードは、『人望の厚さ』です。

会社の中には、一生懸命人気取りをしているにもかかわらず人望がないという人もいるかもしれません。

人望は、自らが宣伝して作りあげるものではなく、その人の人間性を周囲が評価して自然に出来上がってくるものです。

『気遣い』や『コミュニケーション能力』も人望の厚さと無関係ではありませんが、部下が自然と慕ってくるような人望の厚い人間性を持つためには、どんな価値観を持って価値観に従ってブレないで行動していることが重要になるでしょう。

価値観は人によって違いますが、公平性や透明性、未来志向などの価値を優先している人が人望を得ているケースが多いようです。

また、常日頃から言っていることを、実行が難しそうな時でも確実に実行する意思の強さや粘り強さも人望の厚さと関係しているでしょう。

さらに、さまざまなタイプの人の存在や多様な価値観を認める広い心も人望の厚さと関係が深いといわれています。