迷う子育て方法、アドラー心理学の口コミから紐解きます!

いかに幸せでストレスフリーな人生を送っていくか、ということを目的に考案されたアドラー心理学は、ストレスの多い現代人にとても大きな反響があります。

このアドラー心理学を子育てに応用させた子育て論は、小さい子供を抱える親の間で大きな口コミを呼んでいるようです。

 

☆叱らなきゃますます子供が言うこと聞かなくなりそうだけど…

 

アドラー心理学の基本は、自分と他者の明確な区別にあります。

自分は自分、相手は相手と考えることで、その状況によって取るべき行動を考えようとするものです。

これを子育てに落とし込んで考えてみると、親と子供は独立した別の人間であることを明確に認識するということになります。

このように、アドラー心理学に基づいて子育てを考えていくと、一言でいえば、子供に対して必要以上に干渉しない子育てということができるでしょう。

子供が悪いことをしたら叱り、良いことをしたら褒める。

これは普通の親子関係のあり方ですが、アドラー心理学では叱ることや褒めることを否定します。

叱ったり褒めたりするという親の行動の原因は、子供という他者の行動に起因しており、アドラー心理学の基本である自分と他者の区別に反します。

叱ることや褒めることは、親による子供の評価です。

親の評価が子供の行動の基準になってしまうと、自発的な行動がなくなってしまいます。

ではどうすれば良いのでしょうか。

アドラー心理学では、子供に対しても、その行動によって親である自分自身の感謝を伝えることを推奨しています。

一人の人間としての感謝をストレートに伝えることによって、評価されることではなく、感謝されることの喜びを知り、貢献するための行動をするようになるのです。

 

☆失敗経験なんてさせたら子供が挫折しそう…

 

人生には多くの失敗が伴います。

子供には辛い思いをさせたくないというのは親の本音ですが、それによって何の失敗もなく、挫折もない人生を親が整えてしまうのは非常に危険です。

自立してから直面するさまざまな困難に立ち向かうためにも、子供の頃から多数の失敗や挫折を味わうことが重要なのです。

大切なのは、失敗や挫折をさせないことではなく、失敗や挫折から立ち直る力を養ってあげることです。

人間は失敗からしか学びを得ようとしません。

人間が本当に変わるときというのは、失敗をしたときなのです。

そんな成長のきっかけになる失敗や挫折を意図的に取り除いてしまう行為は、間接的に子供の成長を妨げる要因になるでしょう。

親がすべきことは、子供が失敗をした時に共感し、そこから立ち直るためにはどうしたらいいかを一緒に考えてあげることです。

そうすることで、失敗から多くのことを学び、自主的に解決策を見出すようになります。これこそが、人生を生き抜くための本当の力です。

 

☆子供は褒めて育てるものでは?褒めちゃいけないなんて…

 

叱ることを否定する理由は分かっても、褒めることを否定する理由はいまいちピンとこないかもしれません。

褒めるという行為は、子供にとってどのような影響を及ぼすでしょうか。

幼いころから褒められたり、叱られたりして育った場合には、当然子供も叱られるのがいやなので褒められるような行動を取るようになります。

親からすると、自分の手間がかからないような行動や、一般的に良しとされている行動を子供が取ったときに褒めるので、その傾向はとてもいいように感じるでしょう。

しかし、子供の取っている行動はあくまでも親の評価を気にして取った行動であって、子供自らが判断したことによる行動ではないのです。

評価されることに慣れてしまうと、人間は評価をしてくれない人を嫌う傾向にあります。

社会に出てから、常に他人の評価や周りの目を気にし続けるようになってしまうと、自分発信の行動が何もできなくなってしまいます。

それは結果的にアドラー心理学の根本理念である、自分は自分という考え方に反することになり、周りの目を気にすることでとてもストレスの大きい人生を歩むことになってしまうのです。