成功の秘訣がぎっしり詰まった7つの習慣、あらすじは?

本書では7つの習慣を実践し身につけることで、「自分の得たい成果を得続けることができる」と示されています。

その習慣とはどういったものなのでしょうか。

下記にそのあらすじを紹介します。

第1の習慣は「主体的である」です。

主体的とは、目の前に起こる出来事に関係なく、自分の内側から外に向かって影響を与えられるということです。

困難なことに出会ったときにも周りの責任にすることなく「今自分にできる解決策は何なのか」と自問することで習慣につながるとされています。

第2の習慣は「終わりを思い描くことから始める」です。

自分は本当はどこに向かいたいのか、目的地を決める重要性を説いています。

そのために、自分の終わりの時、お葬式をイメージしてどういう言葉をかけられたいのか考えてみる必要があるというものです。

第3の習慣は「最優先事項を優先する」です。

第1第2の習慣をもとにすることで、人生においての最優先事項を明確にすることができます。

そこに対して時間を使うことで人生が豊かになると示しています。

第4の習慣は「Win-Winを考える」です。

敗者はいない、全員が勝者になれるという考えです。

そのための知恵やコミュニケーションの重要性を知ることができます。

第5の習慣は「まず理解に徹し、そして理解される」です。

相手がどんな価値観やバックボーンを持っているのか理解を示すことが重要とされています。

そのためにも、注意深く相手の話に耳を傾けること、それによって人間関係も豊かになっていくとされています。

第6の習慣は「シナジーを創り出す」です。

第4第5を前提として、違った人間が集まることでの相乗効果が図れると示されています。

第7の習慣は「刃を砥ぐ」です。

効果的に成果を出すためにも肉体、精神、知性、社会情緒という4つを常に磨き続けようというものです。

7つの習慣は、成功したいという気持ちのある人に多く支持されている本です。

具体的にどのような人に役立つのかを下記にまとめてみました。

☆ビジネスで成功するためには効果性が重要

7つの習慣の中では「本当に手に入れたいものをどうやって手に入れ続けるのか」という効果性が説かれています。

例えば、手に入れたいものが営業マンとしての数字だとするならば、その数字を得るために、7つの習慣が効果的に生きてきます。

また、手に入れたいと思うものが、夫婦の良好な関係性や、子供との絆だったとしても効果を発揮できるでしょう。

この効果性を生かすためにも、ちょっとしたノウハウだけを実践するのではなく、習慣として身に着けていくということが重要です。

急な変化はなくとも、実践する中で大いに自分の人生をサポートしてくれるものになります。

☆目標達成のための、自分と他人との向き合い方

今現在、目標に向かって努力している人、人生の目的を見つけたいと思っている人、そのような人に7つの習慣はおすすめです。

大きな問題に直面し、答えを求めている人にとっても、何かしらのヒントを与えてくれるものになるでしょう。

スポーツ選手やビジネスマンなど日々の課題クリアにむけて頑張っている人の中には、本書を活用している人もいます。

目標達成のために自分や他人とどう向き合うべきかという点においても明示されているため、周囲との関係性の活かし方も学べる点が多いでしょう。

しかし、7つの習慣は分厚いボリュームのある書籍になるため、活字に慣れていない人にとっては、一見負担を感じてしまうかもしれません。

その場合は、漫画版などよりわかりやすく表現されているものを選ぶことをおすすめします。

☆7つの習慣は繰り返すもの、その気がない人にはむかないかも

7つの習慣には、記載されたことを理解するだけでなく、繰り返し実践して自分の習慣にすることが重要と説かれています。

そのため、向上心がない人や、今よりも成長、成功したいという想いのない人には、興味のわかない内容といえるでしょう。

興味がわかなければ実践にも移せないので、やはり、今よりもっとよくなりたい!という想いのない人には向いていない本といえます。